校長挨拶

学校経営の基本的な考え方
宜野湾市立普天間中学校  上江洲 隆
 
1 学校教育の主役は生徒である生徒のために何ができるか。
One(teacher)forall(students),andall(teachers)forone(student)
→プロ教師としての自覚を・・・学び続ける教師がいる学校 Beaprofessional!
 
2 生徒、保護者、教師同士が互いに信頼しあう関係づくりを。
Control,Communication,Cooperation,Collaboration,andContribution
→常に感情をコントロールし、互いのコミュニケーションを図り、連携・協力し、協働体制で、地域に貢献する学校
 
→行事等を活用し、家庭や地域へのきめ細かな説明と取り組みの支援がある学校
 
3 職員の和を大切にしたい。TheFutenmaJHSasaTeam.
 
→報告・連絡・相談をまめにし、全職員の思いが一丸となって取り組む学校
 
4 生徒が安心して登校できる雰囲気づくりを。
 
→生徒の勉強不安、対人不安、家庭不安等を理解し、それをとり除く温かさがある学校(あかるい笑顔、元気な笑い声が飛び交い、清潔でさわやかな緑豊かな教育環境があり、人権に配慮した言語環境がある学校)Noonewillbeleftbehind.誰も置き去りにしない。
 
5 効果的な授業づくりにつながる学びの有効なシステムの構築。
 
→日常的な授業での課題を踏まえた実践があり、校内研修等を通した教師同士の学び合いのある学校〈現状を知り、未来に繋がる授業改善のイメージづくりを〉
 
6 国際理解教育・持続可能な社会づくりにつながる学びのある学校。
 
→地球市民として平和を希求する学校(グローバルな視点の構築)
 
7 誰とでも臆することなく接する先生や生徒のいる学校。
 
→コミュニケーションの能力・社会性・共感性の育成
 

サイト内検索

学校行事カレンダー

学校周辺の地図